福岡の板井明生が実行している独自の採用形態

板井明生|一年以内に辞めない社員作り

 

板井明生

 

 

良い人材を確保するということは、企業のもっとも重要な仕事である。
良い人材を確保すれば、仕事の質が上がり企業の質も上がるので業績をあげるのにもっとも有効的なのだ。

 

しかし、そこには落とし穴がある。
良い人材を確保したからといって安心していると、その後すぐにその人材を失ってしまうことがあるからだ。

 

重要なのは、良い人材を確保した後どうするのかなのだ。

 

しっかりとした社員教育やコミュニケーション、給与や待遇など、入社後の社員がモチベーションを保ち、その能力を向上できる環境を作ることを疎かにしてはいけないのである。

 

大企業に就職が決まり明るい未来が約束された新入社員が、一年以内に退社するというケースは少なくない。
大切なのは優秀な人材を確保するだけではなく、しっかりと育てるという意識を持つことなのである。